長野市・上田・松本市で結婚相談所をお探しなら若井結婚センター

若井結婚センターへのお問い合わせはこちら

2018/02/08

母からの言葉。

今日は定休日なので、一人で講演原稿を書いている所長です。


事務員のブログに書き出しが似てしまいましたcheeky


 


10日の講演は、東北8地区が合同で開催するので、100名程の


参加人数を予定しています。


今回は資料を用意していますので、資料作りをしています。


 


以前、プースカフェに掲載したいたコラムを読み返してみたの


ですが、すっかり忘れていた記事を見つめました。


 


女の幸せって何だろうと?と初めて考えたのは25歳の時でした。


親や親戚、近所の方からも結婚を心配されましたが、私には


結婚が女の幸せだとは思えませんでした。


その頃の私は、仕事と遊びに生きがいを感じ、それが女の魅力で


あり、幸せだと思い込んでいました。


しかし徐々に友人は結婚し、一人になることが多くなり、幸せについて


考える時間も増えました。


そんな時、「女はね、自分が楽しめる事はあまりないのよ。でもね、


結婚して家族を持つと、一生楽しめるのよ」と、私を労わる様に母が


言うのです。


当時「自分の家族を持つ」と言うことを、想像すら出来ませんでした。


 それから5年、結婚をして子供を持ったとき、「はっ」と母の言葉の


意味を実感しました。


家族の喜ぶ顔を見た時に、心の底から私自身が幸せを感じ、その


一瞬一瞬がとても愛おしく思えたのです。


また子供の成長は私自身が生きてきた証として永遠に残り、一日と


して同じ日はないのです。


それを「いつか分かる」と案じ、教えてくれたのは母。


私にとって「母の日」は、結婚して家族を持つことの喜びを教えて


くれた、母に感謝する日です。


 


2011年5月、母の日に寄せて書いたコラムです。


 


7年前に書いたコラムですが、書いた事をすっかり忘れていました。


毎月、必死で書いているコラムですが、苦労してもこうして後から


読み返せると嬉しいものでした。


 


さて、明日は長野でお問い合わせを頂いたています。


お待ちしています。


 

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

24時間web予約
お問い合わせはこちら 若井結婚センターの無料メール相談はこちら
  • 幸福物語 シアワセストーリー
  • 若井結婚センター 成婚までの7ステップ
  • 若井結婚センター 会員様の声

幸福物語一覧へ

FUJI xerox セキュアネットワークアウトソーシングサービスBeat お客様のデータは資料送付、お知らせ、連絡のみ利用し、ご記入いただいたデータはセキュリティ対策beatにより安全に管理致します。また、いかなる第三者にも個人情報を提供することはありません。
  • そうすけの部屋
  • コラムの名前
  • 女性による女性のための連載コラム女子塾