長野市・上田・松本市で結婚相談所をお探しなら若井結婚センター

若井結婚センターへのお問い合わせはこちら

ご結婚をお考えの方

男性の方へ

一人で生きると言うことを知り、今結婚を考えて欲しいと思います

結婚が面倒臭いとか、今のままで不自由していないと考えていたら、ちょっと待ってください。


20代の男性が婚活するのは、結婚していない中高年(35歳以上)が周りにたくさんいて、自分は彼らの様にはなりたくないし、何もしないと結婚できない危機感を感じているからです。決して独身者を羨ましいとは思っていません。しかし出会いの場には、30代以上の女性ばかりで 20代男性は出会いの場が少ない。


30代になると、20代の時よりも仕事量は増えるので、とにかく仕事に追われる毎日で結婚が後回しになります。後輩が先に結婚しても先輩の多くは独身なので、まだ大丈夫と思います。


40代になると流石に多少焦りますが、同級生もまだ半数は独身なので安心します。仕事が忙しくても生活の世話は親がしてくれるので、自分の時間を好きに過ごしているので環境を変えたいと思わない。 50代になると周りから結婚を勧められることもなく、徐々に高齢になった親の用事や介護が始まる。親の代わりに地区との係りも増えてくる。50代になると定年や老後の生活が見えてくる。 60代になると、親を見送り一人の暮らしに孤独を感じる様になる。家族を持たないので仕事をしなくても年金に頼ることなく充分な蓄えがある。しかし一人暮らしの不安と孤独との戦いになる。


20代〜80代の男性がご相談に来ますので、其々の年代を見ています。一人で生きると言うことを知り、今結婚を考えて欲しいと思います。 特に男性にとって結婚とは、仕事をする上でも必要です。


40代で入会した医師が結婚した時、上司や患者さんたちから「良かった、安心した」と言われたことにとても驚いたそうですが、「結婚して一人前」と思われることを実感し、独身の時よりも結婚した方が信頼感や安心感があるので、仕事にも大きな影響があることを知り、男性は特に仕事をする上でも結婚は必要だと言いました。 また会社の上司から、管理職に就いて欲しいので結婚を勧められたと言う男性もいます。


結婚したいと思える人と早く出会うために…無料でしっかりご相談

結婚についての考え方は、女性よりも男性の方が真剣です。 お見合いパーティーに参加される男女のアンケート結果を見ると、女性は多くの出会いの中から理想の結婚相手を探しているのに対して、男性は結婚を考えられる信頼できる出会いを求めています。だから女性は出会いの場に、合コンやパーティーと答えますが、男性は友人知人等からの紹介で出会いたいと思っています。これは何度か合コンや出会いのパーティーに参加した男性は、合コンや出会いのパーティーには真剣に結婚を考えられる女性がいなかったと思ったからです。


そこには、多くの男性と連絡先を交換している女性の姿を見て、仮に素敵な女性がいたとしても自分はその他大勢に中の一人になる訳で、実際に連絡しても返事がなかったり、会う約束をしたところで友達も一緒にと言われたら、真面目に結婚を考えている自分とは違うことが分かります。友達から始まり、恋愛感情を持てる人を残して交際から結婚と考えている人には合コンや、出会いのパーティーは向いていますが、真剣に結婚を考えている方には向いていません。タイプや恋愛感情だけで結婚できるならそれでも良いでしょうが、結婚は相手の経歴や家族も知った上で決めたいと思いませんか?さらに結婚したいと思ったら、先ずは多くの人と恋愛したいと思いますか?


それよりも、結婚したいと思える人と早く出会いたいと思うはずです。ただ、自分が希望する人が必ずしも自分を求めている訳ではないので、結婚が難しいと言われるのです。女性が何を求めているのか、自分の何が足りないのかを知る事が必要です。


これから婚活を始める方、結婚する為に必要なことを、長年婚活をしていても上手く行かない方は何が原因なのか、先ずは無料でしっかりご相談いたします。

女性の方へ

結婚はゴールではなく二人で歩く生活のスタート

結婚のハードルは、男性より遥かに女性の方が高いことを先ずは知っておいてください。それは、女性には出産があるからです。


男性のDNAに、子孫を残す指令が組み込まれているそうなので、男性が結婚=子供と考えるのは当たり前の発想なのです。だから男性は結婚するに当たり、女性の年齢をとても重要視します。男性が理不尽なことを言っている訳ではないのです。女性は先ずこれを理解しなくてはいけません。


20代~45歳までの男性には、割合平均的にお見合いのお話がありますが、これが女性の場合になると、20代30代と年齢が高くなるに連れ、男性からの申込は減っていき、40代ともなると、子供を諦めている男性か、子供に手が掛からなくなった再婚男性からの申込になります。勿論これが全てではありませんので、そうでないケースもありますが、一般的な男性の考え方を知って置く必要はあります。女性は年齢とともに結婚相手が減少して行くので、女性の方が結婚のハードルは高いのです。


しかも女性は、30代でも40代でも20代で結婚する女性たちと同じ結婚生活を想像していますが、20代で結婚したら、30歳までに出産をして30代で家を持ち、夫婦二人で働きながら子育てをし、定年を迎える頃には子供にもお金が掛からなくなり、家のローンも完済する計画を建てられますが、結婚が遅くなると定年後が非常に厳しくなり、40代で結婚したならば、体力と財力が一番問題になります。年代とともに結婚生活は変わります。


それなのに女性はとかく結婚相手のことばかりを気にして、結婚生活の事はあまり考えていません。 さらに男性の外見や学歴、年収が良ければ結婚生活は安泰だと思っていたり、趣味が合うとか、趣味の多い人が良いと思っていますが、今や安定職なんてありませんので、大事なのは男性の生きる力ですし、趣味の多い男性ほど女性的で細かいことを気にする性格だったりします。


どんな人と結婚したいかも大事ですが、結婚はゴールではなく二人で歩く生活のスタートなのですから、どんな家庭にしたいのか、60歳の自分はどうなっていたいのかを考え、また 男性が結婚相手に求めるものも知った上で婚活しないと、出会いの場を彷徨っているだけで月日は流れていくばかりです。


婚活している多くの女性たちは、高い理想を掲げてより多くの出会いを求めていて、30歳までは合コンや出会いのパーティーで頑張って、ダメなら相談所に入会しようと思っている女性が多いのですが、女性の平均結婚年齢は28.6歳なので、30歳までには結婚して欲しいですね。


仕事と結婚に悩んでいる女性たちへ

そして仕事と結婚に悩んでいる女性も多いのですが、現代社会は女性にとても厳しく、男性と同等の仕事を強いられ女性に仕事を生き甲斐と思わせる社会にしながらも、尚且つ少子化だから子供を産めと言われ、さらに託児所を整備するから出産したらまた社会に戻れと言うのはあまりにも勝手だと思いませんか?


そもそも仕事を生き甲斐とする女性を、男性が結婚相手に求めることは少ないので、結婚する事自体難しい。自分の収入に自信のない男性ですら、女性の収入に頼るくらいなら結婚を諦める選択をしています。女性が仕事と結婚で悩むのは、結婚そのものを知らないからです。


結婚して子育てを経験すると、仕事の方が余程楽だと誰もが思うくらい、家事と育児は大変なのです。だから結婚も子育てもしないで、仕事だけしているのはとても楽なことです。 大手企業で会社を担う仕事をしていた男性でも、定年後に発した言葉は『会社を辞めたらただの人です』要するに、どんな肩書きもいくら財産があっても、仕事を辞めたら誰も評価してくれないのです。仕事には終わりがあります。その時ひとりの女性としての喜びや母親としての感動もない人生は、お金には換えられないものです。


仕事と結婚に悩んだら、取り合えず結婚してから、出産してから考えてみて欲しいです。自分以外に守るものが出来たとき、人は人生観が変わります。 結婚をお考えの女性の方は、時間との戦いですので選ばれる女性になることです。


選ばれる女性になる為の方法を、ひとりひとりに合った婚活をご提案いたします。 先ずはお気軽にご相談ください。

24時間web予約
お問い合わせはこちら 若井結婚センターの無料メール相談はこちら
  • 幸福物語 シアワセストーリー
  • 若井結婚センター 成婚までの7ステップ
  • 若井結婚センター 会員様の声

幸福物語一覧へ

FUJI xerox セキュアネットワークアウトソーシングサービスBeat お客様のデータは資料送付、お知らせ、連絡のみ利用し、ご記入いただいたデータはセキュリティ対策beatにより安全に管理致します。また、いかなる第三者にも個人情報を提供することはありません。
  • そうすけの部屋
  • コラムの名前
  • 女性による女性のための連載コラム女子塾