長野市・上田・松本市で結婚相談所をお探しなら若井結婚センター

若井結婚センターへのお問い合わせはこちら

息子娘の結婚が心配

結婚させることが親の役目

私どもでは「子供を結婚させることが親の役目」と、親御さんに訴え続けています。


子供の人生だから親は口を出すまいと思っていた親御さんでも、流石にお子さんが40歳近くまで結婚しないと心配になりご相談に来ます。しかし40歳からの婚活は簡単ではありませんが、結婚して子供を持つ事を希望する親御さんが多いので、本人の意思に任せるのではなく、子供が結婚して家庭を持つことが親の願いであり、役目と思って欲しいです。


親御さんのご相談の多くは息子さんの結婚で、中でも本人が結婚する気にならなくて困っていると言うご相談が一番多いです。朝から夜遅くまで仕事で、休日は家でのんびり過ごしているし、会社では女性と接する機会がなく、婚活もしないのでまるで出会いがないから結婚できないと言います。


お子さんを結婚する気にさせるところから始まり、結婚までをサポート

しかし親御さんからお話をお聞きしていると、40歳近い息子さんの食事から掃除洗濯一切を親が面倒をみているのでは、息子さんだって家で居心地が良くて結婚したいと思わないです。さらに良い年の男子が家にいるのに地区の役割まで親がやってしまうので、地区の仕事は年配の方ばかりです。要するに結婚しなくても本人が困らない様にしているのは、親なのです。さらに親がいくら『結婚しろ!』と言っても、言う事を聞かないと言いますが、親御さんの言い方にも問題があります。


「ひとりで老後を迎えるかと思うと心配」「孫の顔をみたい」「親せきから煩く言われている」これらは親の都合ですから、親の為に結婚しようなんて思いません。 息子さんが結婚しないのは、親御さんが問題と言うケースも少なくありません。 そして出会いがあれば誰でも結婚できる訳ではなく、努力しなければ結婚はできません。 数回パーティーに参加したり、お見合いしただけで結婚相手と出会えると思っていますが、 会話が苦手、洋服のセンスがない、計画性がない等、これでは相手に好感は持たれません。


ただ出会う機会を作っても、結婚までは簡単ではありません。 お子さんを結婚する気にさせるところから始まり、結婚までをサポートしています。


親御さんからのご相談が多いのが当社の特徴です。地域密着で長年営業している信頼もありますが、親御さん向けに書いているコラム「結婚できます、婚活作法」は、毎月市民新聞(北信地区)に掲載され、また長野市松代地区社会福祉協議会主催の『親同士のお見合い』では、講師とアドバイザーを務め、各地域の社会福祉協議会等、市や町から講師を依頼され、各地で結婚に関しての講演をしています。 お子さんの結婚を、親御さんと一緒に考えています。 親御さんだって、困っているだけでは何も解決しません。 お気軽にご相談ください。

24時間web予約
お問い合わせはこちら 若井結婚センターの無料メール相談はこちら
  • 幸福物語 シアワセストーリー
  • 若井結婚センター 成婚までの7ステップ
  • 若井結婚センター 会員様の声

幸福物語一覧へ

FUJI xerox セキュアネットワークアウトソーシングサービスBeat お客様のデータは資料送付、お知らせ、連絡のみ利用し、ご記入いただいたデータはセキュリティ対策beatにより安全に管理致します。また、いかなる第三者にも個人情報を提供することはありません。
  • そうすけの部屋
  • コラムの名前
  • 女性による女性のための連載コラム女子塾