長野市・上田・松本市で結婚相談所をお探しなら若井結婚センター

若井結婚センターへのお問い合わせはこちら

2016/05/25

男性も深刻です

先日ご相談に来て頂いた男性から、とても深刻なお話を伺いました。


男性は40代半ば、ご相談のなかでお子さんを希望するかどうかと言う


話になった時、興味深い話をしてくれました。


 


男性のお友達が35歳で婚活を始めた時、子供を望めるのかを検査した


そうです。


検査結果は、問題なく可能だという結果でした。


しかし、1年ほど婚活をしましたが辞めてしまったそうです。


 


そしてお友達は40歳になった時、また婚活を始めましたが、やはりまた


子供が可能かどうかを検査しました。


すると何と精子の数は0と言う驚愕な結果が出たのです。


今もお友達は婚活を続けているそうですが、再婚の女性も視野にいれて


いるそうです。


 


お友達の話を聞いて男性は、子供に拘るなら自分も検査をする事も考え


ましたが、彼は子供に拘ることをやめました。


子供については、コウノトリさんにお任せしようと思ったそうです。


それよりも、自分と結婚を考えてくれる女性と出会いたいと彼はいいました。


 


女性の不妊治療は、42歳までは助成金が支払われます。


男性の話を聞くと、男性にとっても深刻な問題ですね。


子供も欲しいし、自分のタイプの人と結婚したいと思うのも当然です。


しかし、これも現実です。


 


この様に、色々と考え始めたらきりがありません。


先が見えなくなったら、ご相談ください。


 


IMG_1350


 


 


 


 

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

24時間web予約
お問い合わせはこちら 若井結婚センターの無料メール相談はこちら
  • 幸福物語 シアワセストーリー
  • 若井結婚センター 成婚までの7ステップ
  • 若井結婚センター 会員様の声

幸福物語一覧へ

FUJI xerox セキュアネットワークアウトソーシングサービスBeat お客様のデータは資料送付、お知らせ、連絡のみ利用し、ご記入いただいたデータはセキュリティ対策beatにより安全に管理致します。また、いかなる第三者にも個人情報を提供することはありません。
  • そうすけの部屋
  • コラムの名前
  • 女性による女性のための連載コラム女子塾