長野市・上田・松本市で結婚相談所をお探しなら若井結婚センター

若井結婚センターへのお問い合わせはこちら

女性への気遣いや感謝

台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

何事も無い日々を過ごしていた事に改めて感謝しましたが、何かあった時こそ

人と人との繋がりが必要だとも思いました。

この先も何が起こるのか分からないので、辛い時や困った時に助け合い支え

合える相手がそばに居ると安心ですね。

こんな時こそ結婚について考えて欲しいと思いました。

 

婚活している方々は今一度相手に対して、年齢や学歴や外見だけで判断しないで、

一つの出会いを大切に真剣に取り組んで欲しいと思います。

 

先月は30代が頑張り、3組が結婚を決めました。

男性達は20代後半から入会して3年~4年の方々で、

女性達は入会して6ヶ月~9ヶ月の方々でした。

女性達が早く結婚が決まったのは、恋愛感情よりも

結婚生活の事を考えていたからでした。

ここが凄い事なのです。

 

3名ともに相談に来た時はそれ程結婚願望が強い訳ではありませんでしが、

何れは結婚をしたいと思っていたので、出会いの機会は作っておきたいと

入会しました。

気軽な気持ちでお見合いをしてみると、男性達はとても感じが良く真剣に

向かい合ってくれたので、彼女達も結婚を考える様になりました。

 

20代である程度恋愛経験のある彼女達は結婚を考えた時、

外見や趣味や会話の楽しさよりも

お互いの価値観や信頼感を重視していましたし、

気になる事があった時は直ぐに相談に来ていました。

もちろん、一緒に居て楽しいし嬉しいと言う気持ちがあっての事ですが、

『私の事を一番に考えて欲しい』

だの

『私を幸せにしてくれるかしら?』

だの、

私の思い通りの人である事なんて求めていませんでした。

 

交際する様になった時から、結婚後の具体的な話をしていて、

「私の方が帰りが遅い時は、食事はどうする?」

とか、

「もしどちらかが転勤になった時はどうする?」

とか、

親との同居から将来の家の事まで

ある程度話し合ってから結婚を決めたのです。

男性達はと言うと、

入会当時は女性との会話は苦手だし

洋服のセンスはいまいちだったので、

お見合いをしても一度で断られる事ばかりでしたが、

一つ一つアドバイスして行くと

次第に会話も気遣いも出来る様になり、

着こなし上手にもなりました。

 

こうして経験をしていく事で

めでたく結婚に繋がりましたが、

彼らが一番大きく成長したのは、

一人暮らしを始めた事でした。

 

親と生活していると自然と甘えが身に付いています。

仕事の面では左程影響がなくても、

女性に対する気遣いや感謝する発想がなく、

自ら考えたり行動する事ができません。

結婚は生活ですので頼りなさが如実に表れてしまうのです。

 

何度も申し上げますが、

同居していても良いですから、

自立心を育てて欲しいと思います。

 

令和元年11月7日  長野市民新聞掲載

24時間web予約
お問い合わせはこちら 若井結婚センターの無料メール相談はこちら
  • 幸福物語 シアワセストーリー
  • 若井結婚センター 成婚までの7ステップ
  • 若井結婚センター 会員様の声

幸福物語一覧へ

FUJI xerox セキュアネットワークアウトソーシングサービスBeat お客様のデータは資料送付、お知らせ、連絡のみ利用し、ご記入いただいたデータはセキュリティ対策beatにより安全に管理致します。また、いかなる第三者にも個人情報を提供することはありません。
  • そうすけの部屋
  • コラムの名前
  • 女性による女性のための連載コラム女子塾